~~ティンパノメトリーが新しくなりました~~

田中耳鼻咽喉科クリニックからのお知らせお知らせ

ティンパノメトリーが古くなっていたため新しい機種に更新しました。これまでの機種よりの外耳道の接触部分が軟らかくなった印象です。

ティンパノメトリーとは.鼓膜や中耳に何か疾患が疑われるときに行われ、鼓膜に陽圧・陰圧を加え、鼓膜の動きやすさを測定する検査です。

滲出性中耳炎や癒着性中耳炎の診断に有用です。検査は小さなお子さんも可能で片側10-30秒程度で終了します。また顔面神経麻痺の予後の推測の用いられる耳小骨筋反射も測定出来るようになりました。

タイトルとURLをコピーしました